Column

新谷弘実公式サイト トップ > コラム > 健康 > 肌荒れ改善におすすめの成分とは?

2021.05.26 公開 | 2021.07.28 更新

肌荒れ改善におすすめの成分とは?

肌荒れ改善におすすめの成分とは?
Pocket

女性の多くの人が気にされている“肌荒れ”。

最近では男性でも化粧水を使用される人が増えてきましたね。

日常でさまざまな刺激を受けてしまうことで、肌が異常を起こしてしまう肌荒れですが、改善に有効な栄養素・成分が効果的であることはご存知でしょうか。

今回の記事では

  • そもそも肌荒れとは?
  • 肌荒れを起こす原因について解説
  • 肌荒れに効く栄養素を解説

以上についてお話していきます。

この記事を読むことで肌荒れの原因を知り、どういった栄養素・成分を摂れば効果的に改善が期待できるのかがわかるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。

肌荒れって何?

肌を気にする女性

肌荒れ
皮膚が乾燥や紫外線などの原因でかさついたり、赤くなったり、赤みや粉ふきなど異常をきたしていることをいいます。

肌とは一般に顔の皮膚のことをさしますが、手足をはじめ身体全体を覆っている皮膚の異常も肌荒れといいます。

肌荒れの症状について解説

肌荒れの症状にはさまざまなものがあります。

・乾燥肌
・ゴワゴワ肌
・くすみ
・ニキビ
・毛穴が目立つ
・吹き出物

正常な肌にはバリア機能があり、外部からの刺激から肌を守ってくれます。

また、古い肌を押し出し、新しい肌へ生まれ変わろうとするターンオーバー機能があるため、たとえ傷ついてしまっても時間が経てば新しい肌へと切り替わる機能が備わっています。

この機能が正常に機能しなくなると、肌荒れが悪化しまい、皮膚の表面の皮がはがれてしまい、粉をふいてしまうことがあります。

症状がひどい場合にはかゆみや痛みを引き起こすこともあるでしょう。

ひとつの症状だけでなく複数の症状が重なってあらわれることもあります。

肌荒れの起きやすい部位

顔の部分ではおでこや頬、口回り、顎、髪の生え際などが荒れやすいといわれています。

顔の肌はデリケートですから、日ごろのスキンケアには注意が必要です。

顔以外でも手足など物がよく触れる部位や皮膚が薄い太ももの付け根などの関節部分にも皮膚症状がでやすいといわれています。

肌荒れを起こす原因とは

肌を気にする女性
肌荒れといっても原因は人それぞれ。

ここでは肌荒れを引き起こす要因についてご紹介していきます。

乾燥

肌の水分だけでなく皮脂が不足している状態のことをいいます。

水分や皮脂が不足することで、本来であれば肌の表面にあるバリア機能が正常に働かなくなり、外部からの刺激に肌がさらされてしまうことでかさついてしまったり炎症をおこすことがあります

紫外線

太陽から降り注いでくる紫外線は皮膚の奥にある“真皮”部分を破壊してしまうなど人への影響が強いです。

紫外線を浴びることで肌の中に存在するメラノサイトという組織を活性化してしまうので、シミやそばかすの原因となってしまいます。

日焼けで赤くなったり、黒くなってしまうのはこの紫外線が原因といわれています。

日ごろのお手入れ

実は毎日行っているスキンケアが肌荒れを起こす原因にもなっているのです。

シャワーなど強い水圧を顔に直接あててしまうことも、肌へのダメージにつながります。

また念入りすぎる洗顔はかえって皮膚を傷つけてしまい、肌荒れの原因となってしまいます。

睡眠不足

夜更かしはお肌の大敵と昔からいわれているほど、睡眠は肌に大きく影響を与えてしまいます。

充分な睡眠をとらないことで、ターンオーバーに遅れが出てしまいます。

ストレス

身体にさまざまな影響を起こしてしまうストレスですが、もちろん肌にも悪影響を及ぼしてしまいます。

ストレスがかかることで肌のバリア機能が正常にはたらかなくなったり、ターンオーバー機能に遅れが生じてしまいます。

腸内環境の変化

腸内環境が悪くなり、便秘になってしまった場合、老廃物や不純物が発生し、それらの有害物質が腸から吸収されて血液にのって全身に巡ってしまいます。

これらが肌細胞の産生が衰え、乾燥肌や吹き出物やニキビの原因となってしまいます。

おすすめ記事:腸活食品の効果とは?

偏食や断食

健康的な肌細胞を作り出すには、バランスの良い栄養素が大切です。

偏食や断食で栄養素が偏ることで、細胞の産生に必要な栄養が十分行き届かなくなってしまいます。

加齢に伴う老化

年齢を重ねることで、身体の機能も衰えてきてしまいます。

肌を刺激から守ってくれている水分と油脂のバランスが崩れ、バリア機能が弱まってしまったり、ターンオーバー機能が衰えてくることで、肌のハリが失われたり、シワが目立ってきたりなど加齢による肌への影響は大きいです。

ホルモンバランス

卵胞ホルモン黄体ホルモンというものがあります。

生理ではこの2つのホルモンの量が大きく動くことで知られていますが、黄体ホルモンには男性ホルモンと似た働きを持っています。

黄体ホルモンによる影響

皮脂の量が増え肌がテカテカしてしまったり、毛穴が詰まりやすくなることがあります。

ホルモンバランスが乱れることで、肌へ大きな影響を及ぼしてしまうことでしょう。

また、こういったホルモンの変動や現象では精神的にイライラしたりストレスを抱えることがありますので、肌への負担がかかってしまいます。

肌荒れを防ぐ栄養素について紹介

たくさんの食材とカプセル
肌のきれいにキープしてくれる栄養素についてご紹介します。

美容にも用いられる成分ですので、お肌にうるおいやハリを持たせたい人は積極的に摂取することをおすすめします。

サプリメントで市販されている栄養素もあるため、普段の食事にプラスして摂るといいですね。

健康的な肌作りに必要な栄養素

食物繊維

便秘を改善することで、老廃物や不純物の排出を促してくれます。

タンパク質

ホルモンバランスを整えたり、コラーゲンの合成を手助けしてくれます。
肌の細胞のもとにもなるので、重要な栄養素です。

ビタミンA

皮膚や粘膜のうるおいを保ってくれる手助けをしてくれます。
肌の入れ替わりを促してくれます。

ビタミンB群

ホルモンバランスを整える手助けをしてくれます。
肌の代謝を高めることで、ターンオーバーの正常化を促してくれます。

ビタミンC

活性酸素を除去し、コラーゲン産生を助けることで肌の細胞を守ってくれます。
メラニンがつくられるのを抑え、皮膚のコラーゲンの生成を促します

ビタミンE

血流を良くしてくれることで肌への栄養が届きやすくなります。
肌のバリア機能を強化してくれます。

大豆イソフラボン

女性ホルモンと似たはたらきをするため、ホルモンバランスの乱れに効果的です。
コラーゲンが作られるのを手助けしたり、肌にハリをもたせてくれます。

まとめ

カプセルをつまむ女性
肌荒れの症状や原因、改善効果が期待できる成分についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のポイントは

・正常な肌ではうるおいを保ってくれるバリア機能がある
・乾燥や紫外線、ホルモンバランスの乱れなど、肌荒れにはさまざまな原因がある
・過度な洗顔は肌荒れの原因にもなる
・ビタミンには肌荒れを改善する手助けをしてくれる成分が多い。
・日ごろの食事でバランスよく栄養素を摂取する
・足りない栄養素はサプリメントで補う

ご自身の肌の状況に合わせて、バランスよく栄養を摂ることを心がけることで肌のうるおいやハリを取り戻すことができるでしょう。

【出典】
肌あれの原因 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
肌荒れの症状・原因・対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

pageup
drshinya.jp MENU